独学で絵を学ぶために、意識しておきたい大切なこと

独学
藤依しの

藤依しのです。

絵を学ぼうと会社を辞めて3ヶ月…
僕は現在、完全独学で頑張っているわけですが
そろそろ、『独学で絵を学ぶってどういうことなのか』がわかりはじめてきました。

ななしちゃん
ななしちゃん

今更ですか。

藤依しの

ぶっちゃけ数ヶ月前は
「なんだかんだ描いてりゃ上手くなるし、よゆーじゃん!」
とか思ってたんけど

わりぃ、やっぱつれぇわ…

というわけで
同じような道に進もうとしている、あるいはすでに足を踏み入れている人のために「何が大変なのか・頑張るためにはどうすればいいのか」についてまとめました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

自分で考えないといけないのが辛い

誰かに教わっている限りは、とりあえず「道しるべがある」という安心感はあります。

教わる相手は、一定の実力を持った人でしょうし
彼らの下で頑張れば、いずれ同じレベルに追いつけるかもしれないという期待感があります。

藤依しの

独学はそれがないねん。

そりゃネット上には、色んな情報がありますし
メイキングとか公開している人もいます。

ただ、それらは極めて断片的です。
目の前の上手い人間から、工程の一つ一つを丁寧に教えてもらうのとは、やはり天と地ほどの差がある…

独学の場合は、想像しなきゃいけません。

上手い人の絵、描き方を見て
「なぜそれができるのか」
「どうすれば同じことができるのか」
考えて試しながら学び取らなきゃいけないわけです。

もちろん上手い絵を描ける人は、少なからずそういう努力をしてきてますが
絵を志したその日から『努力のやり方』に気づけたとはとても思えません。

今ままで絵を学んでこなかった人が
誰の指導も受けずにいきなり『自分で考えて学ぶこと』ができるかって話です。

独学っていうのはそういうことなのです…

どれくらい頑張れば良いのかわからないのが辛い

美術教室や専門学校に行っている場合は、ある程度カリキュラムもあるでしょうし、実績もあるので
「とりあえず、一日のうち〇〇時間がんばっとけば安心!」
みたいな意識を持てます。

実際にそれで安心かは置いておいて、心の平安は大切です。

一方で独学の場合は
「これだけやれば安心!独学の一日スケジュール!」
みたいなのはありません。

藤依しの

いやあるのかもしれないですけど
ネットに落ちてるそんな情報、たぶん誰も信じないでしょう。

だって、ひとえに独学といっても

・会社員として働きながら
・バイトしながら
・ニートしながら

など、生活リズムは様々ですし
独学のスケジュールなんて、本当に人それぞれです。

まずは自分でスケジュールを決めないといけません。
そしてスケジュール通りに動いても不安はずっとつきまといます。

なぜなら、そのスケジュールは実績もなにもない自分が決めただけですからね。

いくら練習しても、安心感が得られないのが独学です。
これはもう宿命なのであきらめましょう。

どうせ独学じゃなくても、いずれ不安になる時期が来ます。

孤独が辛い

藤依しの

まぁなんだかんだいっても
やっぱり、ひとりぼっちはさみしい…

これは別に人肌恋しいとかそういう話ではなく
たとえば、部活であれば同じように絵を描いている人が
常に隣にいるわけですよね。

そうなれば自然とやる気も高まりますし、互いに切磋琢磨できる状況も生まれやすくなります。

これが美大や専門学校になれば、よりお互いの目的が近くなりますから
その可能性はさらに上がります。

一方、独学はそんな状況ほとんど生まれません。

一人で絵を学ばなきゃいけないし
作品の方向性を決めるのも
仕事につなげるのも全部一人です。

SNSで仲間を見つけるなり、工夫する必要があります。

独学はどうすべきか

藤依しの

色々と「独学は辛い!」って理由を並べました。

独学はお金もかからなくて楽なんですけどね
そのぶん考えることが多くて大変です。

ななしちゃん
ななしちゃん

遊ぶのも頑張るのも自分しだいですからねぇ。

藤依しの

「これやれば正解」みたいのがないのがもどかしいですが、
僕が個人的に「これは意識した方が良いんじゃないか」って思ったことがいくつかあります。
それがこちら

①目指す絵を決めておく
②描けなければ模写する
③SNSの活用

まず、①の『目指す絵を決めておく』のは、一番重要です。

ただでさえ正解がわからないのに
自分の描きたい絵すら曖昧な状態で努力しつづけるのはマジつらいです。

②の『描けなければ模写する』
行き詰まった時の、万能な解決法です。

描けないものを描けるようになる方法は
結局『描いてみる』以外にありません。

とはいえ、何も見ずに行き当たりばったりで試すのも時間がかかるでしょうから、写真やイラストなどの模写をするのがオススメです。

また、ネット上にはいろんな『描き方講座』がありますが
それも、ちゃんと理解したいなら読むだけじゃなく、模写したほうが身につきやすいです。

そして最後の③、『SNSの活用』も大切。
さっきも言ったとおり一人で頑張るのはつらいので
似たような人を探して、モチベーションを高める方法がオススメです。

あと、描いた絵(途中で飽きたのも含めて)は
さっさと晒したほうが良いと思います。

晒すことで、ある意味ゴール到達みたいな達成感味わえますし
気持ちを切り替えて、次の絵に進むこともできますからね。

藤依しの

この調子で練習続けて、また何かわかったら記事にしたいと思います。

それでは!