色塗りの練習ってどうすれば良い? 実際に試した方法をいくつか紹介

色塗りの練習法

色塗りって難しいですよね…
僕自身、一年経っても未だに良い塗り方にたどり着けません…

だからこそ、毎日練習しているわけですが、ツイッターではたまに「どういう練習しているんですか?」と聞かれることがあります。

確かに初心者にとっては、色塗りってどうやって練習すれば良いのかわからないですよね。

https://dot-launcher.com/wp-content/uploads/2019/11/IMG_0061.jpg
しの

なので、今回は僕がよくやっている練習方法をいくつか紹介したいと思います…!

色塗りの練習法

そもそも色塗りは、オリジナルの絵を描くだけでも少しずつ上達していくものではあるんですけど、やっぱり手探りでは時間がかかります。

絵かきの中には、「何年も描いているはずなのに、昔と大して変わらない…」という人も少なくないので、早く上達させたいなら適切な練習をしたほうが良いでしょうね。

まぁ今回紹介するのは、あくまで僕のやり方なので『適切な練習』かどうかはわかりませんが、実際に手を動かすものばかりなので一定の効果は見込めるはずです。

というわけで、その色塗り練習法がこちら!

メイキングの真似

配色とか質感表現とか以前に、「どんなツールを使えば良いかわからない」「どういう手順で塗れば良いかわからない」なんて人は、まずメイキングを見て真似することをオススメします。

上手い人でもメイキング方法は様々なので正解はありませんが、自分にとって描きやすいやり方を見つけるのには、プロのメイキングを見るのが手っ取り早いです。

まずは自分の理想に近いメイキングをいくつか探しましょう。

今はYoutubeとかにメイキング上げている人がたくさんいますし、pixivなんかでも解説している人は多いので、わりと簡単に見つかると思います。

そしてオリジナルの絵を描く際、メイキングの手順やツールの使い方を真似してみると良いでしょう。

もちろんメイキングを真似した程度ではすぐにうまい絵は描けませんが、闇雲にやるよりは簡単にコツが掴めるはずです!

イラストの模写

自分の理想に近い絵を描く人が、メイキングを公開しているとは限りません。

そんな時は、イラストを色付きで模写するのが良いでしょう。
線画~色塗りまで、お手本を見ながら描いてみることで何かわかるかもしれません。

注意したいのは、ただ真似するのではなく「どういう手順なら同じ絵が描けるか?」を考えることです。

最初に配色を整えるのか?あるいは白黒で見栄えを考えるのか?
線画はちゃんと描いたほうが良いか、厚塗りのほうが描きやすいか?

『メイキングの手順』を自分で考えながら、同じイラストを描こうとすることで、『表面的なイラストの真似』ではなく『イラストを構成する技術の真似』が可能になります。

イラストの真似はただの模写にしかなりませんが、技術が真似できればオリジナルの絵にも役立てることができるわけですから、ここを間違えてはいけませんね。

ちなみに著作権の問題があるので、模写したイラストはネット公開しないほうが良いです。

色の分析

イラストの模写が難しいと感じるなら、どんな色が使われているのかツールを使って調べてみるのが良いと思います。

配色について知りたい時にも有効かもしれませんね。

やり方はそんなに難しくありません。

たとえば、イラストをペイントツールで開いて、スポイトで色を吸い取ったり…
あるいは、webサービスで色を分析してくれるサイトなども存在します。

参考 カラー成分測定「色とりどり」https://ironodata.info

スマホアプリや、PCのツールを使うのも良いですね。

色しらべ - カメラで色の情報を抽出・配色の解析
色しらべ – カメラで色の情報を抽出・配色の解析
開発元:Satoshi Nakamura
無料
posted withアプリーチ

もちろん見ているだけでは上手くなれませんが、調べた結果なにかに気付ければ、実際に自分で描いてみようという気も起きるかもしれません。

初心者はまず色の分析から初めてみてはどうでしょうか。

写真の模写

キャラは描けるけど、背景や小物にリアリティを持たせることができない…なんて時は写真を色付きで模写してみましょう。

実物を写真でじっくり観察すると、どう色を動かせば立体が表現できるか、空気感を出すにはどんな色選択が必要なのかがわかったりします。

本物そっくりに描くというよりは、どうやって描けば上手く見えるのかを探るように描くと良いかもしれませんね。

写真の模写
https://dot-launcher.com/wp-content/uploads/2019/11/IMG_0061.jpg
しの

イラストを模写するよりも手軽なので、僕はこの練習をやることが多いです

色塗りデッサン

よりリアルな絵を描きたい時は、デッサンのように本物を観察しながら、色を塗るのが良いと思います。

写真だとどうしても目で見た時と色合いの印象が変わり、鮮やかさや色の温度が失われたりすることがあるんですよね。

質感や雰囲気など、目で見ている印象をそのまま表現したいなら、写真の模写ではなくデッサンをオススメします。

鉛筆によるデッサンと同じくらい難しいので、時間がある時でないと中々できませんけどね…

色塗りの練習はどの段階でやるべきか

いくつか色塗りの練習法を紹介しましたが、正直どれも簡単ではありません。
やろうと思えばそれなりに時間がかかるし、やってもすぐに上手くなるようなものでもないんですね…

じゃあ、そんな難しい色塗り練習は初心者のうちからやるべきなのか、それとも上手くなってからで良いのか?

やるタイミングは自由ですが、僕は『何度描いても上手く塗れない時にやる』のが良いと思います。

色塗りは個人の好みによるところが大きいので、どこまでリアルに描ければ正解とかそういうのはありません。

あまり初心者の頃から色塗り練習をしても、自分がどんな絵が描きたいのかハッキリしない内は空回りに終わってしまう可能性もあります。

ただ、自分が今の塗り方に満足できていないのであれば、練習はしたほうが良いでしょう。

だからまずは自分で何か絵を描いてみて、上手くいかない部分があればその都度メイキングや上手い人の塗り方、写真や実物をよく観察して真似するのが良いと思います。

色塗りは色々試すのが大切

僕はまだ練習中ですが、なんだかんだ一年続けてわかったことがあります。

それは『安定した塗り方を見つけるのは、初心者が思っている以上に難しい』ということ。

色塗りが下手な人は上手い人を見て「きっと特別なメイキング法があるに違いない!」なんて思いがちです。

だから『厚塗り』だとか『グリザイユ画法』だとか、塗り方ばかりに注目してしまうのですが、ちょっとしたコツを知っただけで何を描くにしても安定した絵が描けるほど簡単ではないですね…少なくとも自分の経験上は。

先に色を整えたほうが描きやすいこともあれば、後からレイヤー効果で整えたほうが楽なこともありますし、
線画をありがたく感じる時もあれば、邪魔に感じる時もあります。
影色の選択だって、同じやり方だけでは上手くいかないことも多いです。

こういうのは人によって何が向いているか異なるし、何を描くかでも変わってくるんですね…

ほとんどの場合、『描き方さえ見つけてしまえば、全てがうまくいく』というほど単純ではないので、あまりコツばかりに気を取られず、とにかく色々試してみるのが大切だと思います。

https://dot-launcher.com/wp-content/uploads/2019/11/IMG_0061.jpg
しの

というわけで、『色塗りの練習方法』についての記事でした!

3 COMMENTS

千秋

ブログ参考になります。
しのさんが線画と塗りで使用しているブラシ設定を公開する予定はありますか?

返信する
藤依しの

基本クリップスタジオのデフォルトブラシをそのまま使っているので、今ここで教えます(笑
線画は「薄い鉛筆」「濃い鉛筆」、塗りは「Gペン(アンチエイリアス設定を最大)」「不透明水彩」「エアブラシ」ですね。
背景描く時だけたまに「油彩平筆」を使ったりしますが、あとは上で紹介したブラシしか使ってないです!

メイキングとかはいつか公開する予定ですが、まだ色々試してる段階なので、もう少し待って下さい(汗

返信する

コメントを残す