やっぱり絵は時間をかけたほうが良いと思う

イラスト

お久しぶりです。藤依しのです。
ここしばらくnoteやtwitterからは離れ、一人で地道に練習に励みつつ黙々と依頼をこなしていました。

今のイラストはこんな感じです。

最近のイラスト

上達というには微妙な変化かもしれませんが、若干迷走していた2ヶ月くらい前の絵(https://www.pixiv.net/artworks/91124396)よりも、丁寧なイラストにはなってきたかなと思います。

絵を描く時に意識する部分を変えた

最近は少し意識を変えて

・塗りをなるべくシンプルにする
・線画をなるべく綺麗に整える
・顔や髪の毛の描き方を個性的にしすぎない
・時間制限を決めない

ことを心がけています。

「塗りをシンプルに」「線画を綺麗に」は、依頼絵のクオリティを一定に保つためです。個人相手とはいえ、数万〜10万円以上の依頼も少なくないです。決して安くはないので、ちゃんとイラストレーターとして良い商品を提供しようと思います。

「顔や髪の毛の個性的にしすぎない」というのは、いずれSNSでの評価を狙うための準備です。強烈な個性でファンを集める方もいますが、僕の場合はあくまで「上手い絵」が描きたいので、むしろ今の段階で個性を気にしすぎるのは良くないと気づきました。

今はまだ、今までの個性を消してニュートラルな見た目にしようと努力している段階ですが、今後はsnsなどで評価されているイラストに合わせてちょうどいい描き方を模索する予定です。

「時間制限を決めない」は、納得のいかない状態で終わりにするのを避けるためです。妥協を繰り返すと過去の自分は超えられません。一番大事なことで、今回話したいのはここです。

丁寧に描こうとする意識は大事

上の絵もそうですが、最近は結構バカ丁寧に描くようにしてます。

ラフや下書きの時点で、顔や身体のバランスがおかしくないか何度も確認するし、顔のパーツや髪の毛の塗りなどは、変にならないように何度も描き直しました。

小物の質感とか、服の立体感とか資料を参考に色々試行錯誤したし、背景や全体の配色整えるのに3日くらい悩みました。

まぁそれでも見返すと、ここ良くないなとか、もっとこうすればよかったなとか色々反省は出てきますが、大事なのは「丁寧に描こうと意識したこと」「自分の絵に向き合った時間」です。

丁寧に描くってことは、自分の作品を見つめ改善していくってことで、この作業が成長には必要です。

上達 = 昨日の自分よりマシになること

そもそも成長とは何でしょうか。
僕は「昨日の自分よりマシになること」だと思います。

絵の場合は、昨日の絵より良い絵を描くこと。もっと具体的に言えば、今描いた目の前の絵を少しでも良くすること。これが成長であり、上達です。

丁寧に描こうとすると、自分のダメな部分がたくさん見えてきます。上手い絵との差、資料との違い、それに向き合い正そうとするから人は成長できるんじゃないかと思います。

なんか向き合うとか正すとか哲学的だけど、結局絵は自分との戦いなのです。

周りの人間は自分の上達に関係ない

話は少し逸れますが、SNSとか見てると周りの画力や成長スピードについつい焦ります。でも上の考え方で言えば、彼らはあなたの成長に一切関係ありません。

あなたが成長したかどうかを決めるのは、周りと比べてどうかではなく、過去の自分と比べてどうかだからです。

もちろん他人の技術や方法を真似するのは大事です。でも一番大事なのは自分の絵を超えることです。たとえ神絵でなくとも、前より少しでもマシになれば、それは「上達した」ということになります。

中々上達しないと焦っている人は、覚えておくといいかもしれません。

今後は苦手なものを一つずつ潰していく

要は

・上達とは昨日の自分よりマシになること
・そのためには、自分の絵と向き合い改善することが大事
・丁寧に描こうとすれば、向き合う時間が増える

っていう話でした。

僕もまだまだ背景が苦手だったり、立体的に描くのが下手だったり、構図や配色に苦戦したり、たくさん課題はありますが、これから一つずつ改善できればいいなと思います。

前よりも一枚に時間をかけているので、引き続き絵を上げるスピードは落ちると思いますが、まだまだ成長する予定なのでよろしくお願いします。

それとnoteについて、ぶっちゃけ練習中なので絵について偉そうなことは言えないのですが、絵師として苦労していることとか、備忘録くらいなら役に立つ情報としてお届けできるかもしれないので、そろそろ更新を再開したいと思います。

良ければフォローしてくれると嬉しいです。

ではまた。

🍀noteの記事はこちら🍀

6 COMMENTS

匿名

質と量どっちが大事?みたいな話って白黒付けられないですよね。プロとして高みを目指すなら、どっちも大事としか言いようがない。その時々でいずれかが疎かになっていると感じるなら、当面苦手な方に意識を注ぐべきだし、結局は両方バランスよく考えて鍛錬していく繰り返しでしかないんでしょうな

返信する
匿名

同意見です。趣味絵の場合はモチベが保てる限界まで丁寧に描く事が上達に繋がる気がします。

返信する
藤依しの

適当に描いて下手な絵になっても自分が楽しくないですしね
そういう意味でも少しでも良くなるよう手を尽くしたほうが上達に繋がると思います。

返信する
匿名

しのさんは男性キャラってあまり描かないのかしら?(・ω・)
前の模写練習の時のやつとか上手かったし、結構イケると思うのですが
商業的に求められる絵に特化して練習、発表してるって感じでしょうか

返信する
藤依しの

模写だと描けるんですが、イラストを描こうとすると
「どういう男性キャラをどういう風に描きたいか」のビジョンが自分にないので難しいんですよね…

ただちょいちょい男性キャラの依頼も来るので、そのうち二次創作で練習する予定です

返信する

コメントを残す