絵が完成しない病ってどうやったら治るん

完成しない病ってどうすれば治るん

※この記事はnoteに投稿した記事と同じものになります。

あるよね…

絵を描きたいという意識はあるし、絵を描くことに使う時間も惜しまないんだけど、それに反して中々一枚の絵を描き上げられないこと。

これに関して「完成しない原因」はもはや明らか。「完成度の高いものを求めすぎている」から。別名「完璧主義」とも言う。

しかしこの完璧主義、真面目に絵を上達をさせたいなら避けては通れないものだったり…

僕は自分には描けないような一段階上の絵を描くコツは「目指す絵に近い見た目になるまで何度も描き直す」だと考えてます。そりゃ完璧主義にもなるよね…

だから完璧主義自体はそこまで悪いことだとは思わないけど、問題は完成度の高いものを求めすぎて自らハードルを上げ、失敗覚悟で試すのが嫌になってしまうこと。こうなると絵は完成しなくなる。

そもそも絵は「完成度を高めたいけど力不足で中々良いものが描けない」ものだから、どこかで妥協することが必要。でも失敗を恐れ始めると妥協ができず描いても満足した出来にならないから、「少し描いてはボツにして書き直す」を繰り返す。ゆえに中々完成しないわけです。

これに対して具体的な解決策はまだわからないけど、僕は今その状態になってます…。このままじゃいけないと思うので、どうにか解決しようと今回はある試みを始めてみました。

「1日1絵」です。

1日で描けるレベルのものをたくさん描いて、無理やり完成させる癖をつける作戦。まだ数日しかやってないけど、それなりに効果はある気がする。

当たり前だけど画力の低い人が1日1絵すると中々に酷いものが出来上がります。
だから今のところ下手な絵を量産しているような状態にしかなってないわけだけど、それでも一応「色つきの完成絵」は描けたことには変わりない。

ラフや色塗りの段階でどうも上手くいかずボツにしてた頃と比べれば、たった1日で完成までいけたことはそれなりに達成感ない…?

あと毎日絵を完成させてると、少しずつ完成させることのハードルが下がってきたりします。特に僕のようにラフや配色で悩んで手が止まってしまう人はなおさら。

ラフや配色に時間をかける人は、相対的に色塗りの経験が不足しがち。色塗りの経験が少なければ「絵に必要な工程」の全体像が見えづらく、先の見えないメイキングに不安を感じ心理的ハードルが上がるわけです。

一方、1日1絵では強制的に毎日「絵に必要な工程」を全て経験するわけで、結果メイキングの全体像が見えやすくなる。どうすれば完成するのかが見えてくるから、完成させることのハードルが下がるというわけです。

ただそうは言ってもこの1日1絵、1日しかないだけあってマジでどうしようもなく下手な絵になってしまうことが多いし、時間ギリギリまで描いて焦ることもある…

あまり長く続けてるとまた別の悩みに発展しそうだし、あくまで特効薬の1つくらいに考えたほうがいいかもしれない。とりあえずもう少し続けたら、利点と欠点をまとめたいと思います。

どんな絵描いてるか見たいならTwitterへどうぞ。でも下手だからできれば見ないで欲しい。 https://twitter.com/fujii_shino

5 COMMENTS

匿名

まさに私が陥っている問題がこれなのですが、逆に1日1絵ではなく1つの絵に向き合ってます。というのも1日で仕上げようとすると、私のような工程があやふやどころか全くわからないレベルだと”ただ雑”なものが出来上がってしまいます。また最終的に描きたいのは質を詰めた絵という目標もあるからです。もちろん1日1絵も効果的であることは存じております。しのさんも過去の記事で時間をかけることの大切さに触れていますが、”早く描くとき”と”じっくり描くとき”でそれぞれ特に大切にしていることなどあればお聞きしたいです。

返信する
藤依しの

難しいところですよね。
僕も1日1絵は「上達には繋がらない」と思っています。
ただ、今1週間ほど1日1絵を続けてみて少しずつ利点にも気づいてきました。これはまた別の記事でまとめますが、今わかっていることだけを踏まえて質問に答えたいと思います。

じっくり描く時に大切なのは、「いかに良い絵を描くか」です。これは目指す絵に近づけるという意味と、人に評価されやすい絵を描くことの2つの意味があります。クオリティを重視するなら、他人の絵や人の反応などをちゃんと分析し、納得ができるまで書き直すくらいの気持ちで臨むのが良いと思います。また「確実に良い絵になるようなメイキング方法」を考えることも大切ですね。

逆に早く描く時に大切なのは、「いかに無駄な作業を省くか」です。無駄というのは「自分の描きたい絵に必要のないもの」という意味です。例えばただ可愛いキャラを描きたいだけなら、凝ったポーズや細かい筋肉描写にこだわっている暇はありません。この場合、解決策の一つとして「ポーズ集を丸写ししてイラストを描く」ことが挙げられます。こうすれば顔の可愛さや服のデザインなど、自分にとって一番重要な作業に集中することができますよね。

どちらが必要というより、たぶんどっちも必要なんだと思います。
じっくり描けばクオリティは上がりますが、できないことに挑戦するため正直辛いです。
早く描くのはクオリティは下がりますが、やりたいことに集中できるのでわりと楽しいんですよね。

返信する
匿名

返信ありがとうございます。

記事でまとめられる予定とのことで大変ありがたいです。その際はまた読ませていただきたいです。”確実に良い絵になるよなメイキング方法”を考えることが自分には足りない気がするの非常に参考になりました。
ポーズ集の丸写しは良いですねピンポイント練習が出来そうです。

やはりどちらもバランスよく行うことが大切そうですね。
ありがとうございました!

返信する
藤依しの

絵ってそんなポンポン上達するものでもないので、「上達しない = スランプ」とも限りません。
ただ、上達しないという悩みが足かせになって、何を描いても上手いと思えなくなったならそれはスランプかもしれません…

ちなみに僕は一日一絵を始めてから、描きたい絵に少し近づいてきたのでスランプではないですね…!
この話はもう少ししたら記事にしたいと思います!

返信する

コメントを残す