トップ絵
Slider

絵の練習なら模写を!模写ができない人はこれをすれば大丈夫

模写できてる?

前回、初心者は闇雲に練習せず、描きたい絵に合わせて練習したほうが良いよって話をしました。

「じゃあ、その描きたい絵に合わせた練習ってなんだよ?」って疑問があると思ったので、答えていきたいなと。

ばってん子
ばってん子

というわけで、今回もよろしくおねがいします。
ばってん子(@fujii_shino)です。

基本は模写

初心者はどんな練習をすれば良いか?

結論から言えば、模写です。
デッサンは難しいから、僕は模写を推します。

模写の対象は色々。写真でも良いし、誰かのイラストでも、練習用の資料とかでも良いです。
とにかく、これは役に立ちそうだなと思ったら、紙に描いてみてください。

ばってん子

あ、「模写って、ただ写すだけだから知識にはつながらない」みたいなこと思った人います?

ぶっちゃけそのとおりです!

だから僕は、知識をつけるために模写しろとは言ってません。
「目の前のものを正確に写す力をつけるために模写しろ」と言ってます!

だって、マジで絵の下手な人って「正確に写すこと」すらできないんですもん。

正確に写せないって、どういうことかって言うと比率・形・位置関係を理解できてないんですね。
それがわからないと、人体構造とかパースとか陰影とか、そういう知識も理解できません。あるいはわかった気になるだけで、絵に活かすことができません。

例を出します。
たとえば、「腕の筋肉はこういう形をしている」って知識を本で学んだとします。
じゃあ、その知識を使って絵を描こうとした時、模写ができない人はこんな絵になります。

模写できない人

当たり前ですよね。

目の前にある腕の筋肉の写真すらそっくりに写すことができないのに、どうして頭の中の曖昧なイメージを参照してまともな腕を描くことができるのでしょうか?

だから、僕はまず模写しろって言ってます。
知識を覚える前に、そっくりに描けるレベルの「正確に見る力」が必要なのです。

模写すらちゃんとできない場合

ばってん子

はっきり申し上げると、絵描きとしては致命的です…

模写できないと、見ているものを正確に理解できてません。
自分の見た風景・良いと思った絵を再現できません。
皆が良いと感じるものを分析できません。

ちゃんと見ている気にはなっているものの、それを言語化したり表現したりすることが難しい状態にあります。

でも安心してください!
正確に見れないなら、正確に見れるように練習すれば済む話です。

これから話すのは、マジで絵が下手な人向けの秘策です。
人によっては絵の練習ですらないというイメージを受けるかもしれませんが、言われたとおりやればちゃんと模写できるようになるはずです。

秘策① 角度と距離で確認

筋肉の形がわからないのに、筋肉について理解するのは無理だって話はすでにしました。
じゃあその筋肉の形を正確に見るためにはどうすれば良いかというと、こうすりゃいいです。

角度と距離を見ろ

…ズルでは?

いいやズルじゃないのです!これが正しいやり方です!

どれくらいの角度で線が伸びているか、長さの比率がどうなっているかちゃんと考えれば、ほぼ同じように描けます。

ばってん子

みんな声に出して言わないだけで、上手い人は頭の中でこれやってるはずですよ。
デッサンとかする人も、よく鉛筆片手に片目で測ったりしてますよね。
やっていることはあれと同じです。

何も定規や分度器使えなんて言わないので、とにかく「どれくらいの角度でどれくらい線を伸ばせば良いのか」を考えながら描いてください。

これを意識するだけで、『何となくで描いた結果、全然違うものになる人』からは卒業できます。

秘策② 方眼紙を使う

ばってん子

人間は精密機械じゃないので、角度や距離で測っても少しづつずれていきます。
正確に描いていたつもりが、完成してみると全体が横に傾いていたり、パーツごとの比率が全然違っていたりなんてことはよくあります。

これを解消するには、全体を一つのシルエットとして見る力が必要なのですが、「そんなこと言われてもどうすりゃええねん」ってのが正直なところですよね。

でも大丈夫、こうすりゃええねん。

方眼紙で描く

パーツごとのx軸y軸の位置関係が正しければ、大体バランス良く見えます。
なので人を描く際には、方眼紙を使って手と足と頭の位置関係を確認しながら模写していけば、それなりに描けます。

方眼紙を使わずとも、x軸y軸という意識を持つだけで、だいぶ模写しやすくなるはずです。

ばってん子

余談ですが、
最近ニュースで、写真そっくりな絵を色鉛筆で描く高校生を見たんですけど、映っていた下書きにうっすらと方眼紙のような十字線が入っているのを確認できました。
みんなそうやって上手くなるわけなんですね。

100%正確に写す必要はない

というわけで、模写ができないと知識の習得も難しいから、まずは模写を頑張ろう!って話でした。
正確に見れないと、絵描きとして苦労しますからね。

とはいえ、完璧に模写できなきゃいけないかというとそんなことはないです。

描いた絵を元と比べて、似てるなって思える程度で大丈夫です。

似てるってことは『特徴を捉えている』ってこと。
特徴を捉えることができるなら、人間の身体の共通点、つまり筋肉の形やパーツごとの比率を理解するのはそう難しくないですよね?
それが『知識』というものの正体です!

ばってん子

今回は、絵の上手い人がなんとなくこなしてしまう、最も基本的なことについて語ってみました。!
それではまた!

2 COMMENTS

ひど作

いい記事ですね!
先月、ちょうどこの記事に出てるような目測の練習をひたすらやっていたのですが、模写がマシになった気がします!

返信する
藤依しの

一概に下手って言っても、最初からそれなりに模写ができる人と全くできない人に分かれるんですよね。
模写ができなくても、「才能がない…」なんて諦めずに正しいやり方をしていけば上手くなれるはずです!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です