ツイッターでイラストを公開するメリットはこれ! SNSを上手く活用するためには?

絵を上げるメリット・デメリット
藤依しの

まだまだイラスト練習中の藤依しのです。

ツイッターには練習だろうが、途中経過だろうがとりあえず上げておく僕ですが、
中には、上手でもない絵を上げるのに抵抗のある人もいそうです。

ななしちゃん
ななしちゃん

誰も反応してくれなかったら…と考えると嫌ですからね。

藤依しの

でもそれって勿体無い気がするんですよね。

今回は、『ツイッターにイラストを投稿するメリットとデメリット』について話したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

イラストを公開するメリット

「下手な絵を晒したくない…」
「上手くなってから上げよう…」

藤依しの

なんて人に朗報ですが

ツイッターには絵の練習をしている人は結構多いですし、僕もそうです。

下手だろうと練習中だろうと、絵を上げる人はたくさんいるので、
わざわざ恥ずかしがる必要ないわけです。

ななしちゃん
ななしちゃん

どうしてバズりもしない絵を、ひたすら上げてるんですか?

藤依しの

バズる…?
知らない単語ですね。

とにかく僕がイラストを投稿する理由は、ちゃんとしたメリットがあるからです!

達成感を得やすい

達成感を得やすい
藤依しの

一人で絵を描き続けるって大変です。

誰も見てないのに、上手くなることを夢見て時間を費やすわけですから。
結果が出るまで延々と努力です。

そこで活用したいのがSNS。

『毎日投稿すること』自体を目標にすることで、日々達成感を味わうことができます!

イラストはいいねを貰いやすい

イラストはいいねをもらいやすい
藤依しの

文字だけのつぶやきに比べて、イラストは目を引きます。

それほど上手くなくても「かわいい」「かっこいい」といった印象でいいねやリツイートに繋がりやすいのです。

噂では、「文字ではなく漫画を使って伝えるだけで拡散されやすくなる」
という話もあるくらいです。

ななしちゃん
ななしちゃん

だから今回、漫画形式の絵を描いたんですか?

藤依しの

ち、ちがうし…
わかりやすいと思ったからだし…

フォロワーも増えやすい

フォロワーも増えやすい

「絵が下手なのにフォロワーなんて増えるわけないだろ」

藤依しの

…と思うでしょうが、意外と増えます。
もちろん『ゆるやかに』ですが。

たとえ、毎日絵を上げているだけであっても、それを応援してくれる人はちゃんといます。

あと、絵を練習している同士であれば、相互フォローになりやすいです。

お互いが練習しあっている状況は双方にとってプラスですからね。

イラストを公開するデメリット

藤依しの

一方、デメリットもあります。
デメリットというよりは、リスクに近いですが…

イラストを公開するということは、自分の作品を世に送り出すということです。
気にしているつもりがなくても、気になってしまうことはたくさんあります。

というわけで、デメリットと、その解消法について話していきましょう。

自分の下手さが気になる

自分の下手さが気になる
藤依しの

毎日絵を上げているのに、中々上手くならないこと…よくあります。

そんな時、タイムラインに上手い絵が流れてくれば嫉妬は避けられないでしょう。

純粋に絵を楽しむか、
「流れてきた絵は、全て参考にしてやる」くらいの精神じゃないとやってはいけませんね。

いっそ『タイムラインはほとんど見ない』というのも手です。

他人の反応が気になる

他人の反応が気になる
藤依しの

イラストは反応をもらいやすいので、そのぶんさらに多くの反応を欲しくなる可能性があります。

そうなると、『いいね・リツイートのために』絵を描くようになりかねません。

絵をたくさん描くのは良いことですが、思ったより反応がなかった際にいちいち落ち込み、
「あぁやっぱり自分は才能ないんだ」と描くのをやめるのは勿体ないです。

また、反応が気になってツイートをながめている時間もムダです。
リプが来た時に確認する程度で良いのです。

絵だけが自分の存在理由になる

絵が自分の存在理由になる
ななしちゃん
ななしちゃん

ちょっと何いってるかわかんないんで、解説を。

藤依しの

これは僕が感じた、SNSの一番おそろしい側面です。

絵を上げることでフォロワーを増やすと、
「絵を上げなきゃ自分には価値がない」みたいな発想になってくるのです。

普段、発言が少なく「下手であることを自覚している人」ほどこの考えにハマりやすいです。

そして、イラスト垢のフォローが多いほどタイムラインにはたくさんの絵が溢れ、
あたかも自分以外の人間は「ものすごいスピードで毎日絵を描いている」ような錯覚に陥ります。

こうなると
「自分も早く絵をあげなきゃいけない」
「絵を上げなければフォローを外されてしまう」

と、より多くの絵を描くようになります。

ななしちゃん
ななしちゃん

良いことじゃないですか。
何がデメリットなんですか?

藤依しの

多くの絵を描くのは良いことですが、問題は「質より量」になりがちになところです。

絵は本来もっと時間をかけて描くべきです。

時には数十時間かけて完成させないと、見えてこないものもあるのです。

ところが、「毎日描こう」と1時間程度で描ける絵ばかりを描き始めると、中々それに気づきません。

別に一週間くらい絵を上げなくても、多くの人は気にしません。
そもそもSNSだけが、存在価値じゃありません。
マイペースで、楽しくお絵かきしましょう。

上手く活かすにはどうすれば良いか

藤依しの

デメリットはありますが、それでもツイッターに絵を上げるメリットは大きいですね。

ななしちゃん
ななしちゃん

デメリットの影響を受けず、上手く利用するにはどうすれば良いでしょうか?

藤依しの

「何のためにツイッターを使うのか」をちゃんと理解しておくのが大切かと思います。

僕は、練習成果とかブログの記事とか、必要としてる人が見てやる気になってもらえればそれで良いなと思ってるので「いいね・リツイート数」はあまり気にしてません。

流れてくる絵は、嫉妬しつつも全てありがたく参考にさせてもらっていますし、
実はまともにタイムライン見てるのは練習風景をアップする夕方だけです。

ツイッターはあくまで情報共有ツールなので、目的が情報収集でないのであれば、それなりの付き合い方をするのがいいと思います。

まとめ

藤依しの

絵は基本的には一人で描くものです。

とりわけ勉強・仕事と両立しながら~ということになると、
アウトドア的な趣味に比べて人付き合いは減り、
続けているうちに何となく「寂しい」ような気分になることもあります…

まぁ僕は一人が好きなんで、
むしろウェルカムですけど。

ななしちゃん
ななしちゃん

引きこもりの素質があるなコイツ。

藤依しの

それでも、評価されるまで延々と、
ただ一人で描き続けるのは辛いものがあるかも
しれません。

一人で黙々と練習を続けることが辛くなったら、思い切ってツイッターに絵を上げてみてはどうでしょうか?