iPadでWordPressを使うなら新エディター(Gutenberg)がオススメ【アプリ・プラグイン不要】

iPadでWordPressを使う
藤依しの

記事は本文よりも装飾に時間をかけるタイプ、藤依しのです。

さて、新エディタ『Gutenberg(グーテンベルク)』
色んな人が言っているとおり、ぶっちゃけ旧エディター(classic editer)のほうが使いやすいのですが…

そんな中、
唯一のグーテンベルクのメリットとも言える部分に気づいてしまいました。

それは、『スマホ・タブレットでの記事作成に向いている』という点です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

iPadのブラウザだと装飾メニューが表示されない

藤依しの

iPadで旧エディターの投稿画面を開くと、ほぼPC版と同じように表示されます。

旧エディターの編集画面
装飾メニューも問題なく表示されている

「なーんだ、普通に使えるじゃん!」って思って下にスクロールすると…

スクロールするとメニューが消える

どこいくねーん

なんと装飾メニューが画面外に消えてしまうのです!(ちなみにスマホ版も同じです)
これじゃあ、テキストは打てても『装飾』がまともにできません。
装飾ボタンが隠れてしまうわけですからね。

なので今までipadで記事を作成するには

  • 専用のアプリを使う
  • HTMLで作成
  • マークダウン記法を使う

のどれかが必要だったわけです。

とはいえ、
「そんな面倒なことしてられるか!わしゃビジュアルエディター一筋なんじゃ!」
という人もいるはず。

藤依しの

実は、僕もかつてPCがぶっ壊れた時、iPadで記事作成を試みたのですが、
この面倒臭さのため投げてしまいました。

新エディターだとiPadでも装飾が簡単

藤依しの

一方新エディタ『Gutenberg』の場合はどうなのかというと…

新エディターの編集画面

新エディタでは、ブロック単位で装飾メニューが表示されるので、
馬鹿みたいに長いテキストブロックを作成したりしない限り、ちゃんと画面内に収まります。

今までアプリやらマークダウン記法やらが必要だった記事の装飾が、PC版とまったく同じ操作でできてしまうのです。

旧エディターのメニューとは勝手が違うものの、見出しや太さ、色などは簡単に変更できますし、
無料テーマ『coccoon』は新エディターへの対応に意欲的なので、できることは旧エディターとほとんど変わりません。

画像挿入やリスト表示なんかも簡単です。

iPadでも、ほとんどPCと同じように記事が作れる!

藤依しの

僕の記事作成の流れはいつもこうです。

メモ帳で文章を書く ▶ WordPressに貼り付け ▶ 装飾

試しにiPadで同じことをしてみましょう。

まずはメモ帳を開き、全文コピー。
ブラウザを開いて貼り付けをします。

テキストを貼り付け

テキスト位置を整え…
画像や色などの装飾を入れて完成です!

装飾を整える
藤依しの

ね、簡単でしょう?

ちなみに、僕はiPadにキーボードを接続しているので、もはやミニPCです。

今回は『iPadで』という趣旨ですが、
おそらくandroidタブレットなどでも、同じように更新できます。

最悪PCが壊れたりしても問題なくブログを更新できるというのは、安心感がありますね。

ちなみに肝心の『新エディター(Gutenberg)』についてですが、
WordPress5.0以上であれば、勝手に新エディターに変わります。

5.0以上なのに昔のエディターのままだという方は、プラグインの『Classic Editor』が有効化されています。
停止をすれば、新エディターに切り替わります。

プラグインの停止
藤依しの

というわけで『iPadでWordPressを使うなら、ぜひ新エディターの導入を!』という内容の記事でした!