スマホゲーム 「スライムルーム」〜壁にくっつく2Dアクション〜

30分ゲームレビュー第一回でございます。

最初なので軽めなアクションゲームを探してきました。そして見つけたのがこちら

その名もスマホゲーム「スライムルーム」!

作品情報・プレイ環境

ジャンル  :  2Dアクション
価格  :  基本無料
ハード :  iOS・android
販売元 :  Mitsubishi Okada

プレイ環境 : iphoneSE
プレイ時間 : 27分

 

tama
tama

こいつマジで30分程度しかプレイしてないのか…

sima
sima

隙間時間にサクッとプレイしてきました!

まぁスマホアプリですし余裕余裕

 懐かしい雰囲気のドットゲーム

RPG最初の敵としてお馴染みのスライム

今回遊んだのは、そんなスライムが主役のゲームです。

操作は単純、仮想キーによる左右移動と、ジャンプだけ。スライムを動かしてゴールを目指すのが目的です。

sima
sima

ファミコン風BGMも相まって、ドットゲーム感がしっかり表現されてますね

tama
tama

でもただの2Dドットゲーならありふれてるわ

sima
sima

私がそんな普通のゲーム紹介するわけないじゃないですかー

地面も壁も天井もスライムにとっては道!

面白いのが、スライムならではのゲームシステム。

なんと壁や天井にくっついたまま歩いて進むことができます!

一見たどり着けないゴールに見えても、壁や天井を渡れば問題なく通れます。

一般的な横画面アクションに、壁や天井にくっつくというスライムらしい特徴を与えたことで、本来は道だと認識しない部分も、移動経路として見る必要が出てくるのです。

頭の中にある横画面アクションゲームの常識を一度崩し、どうすればゴールへ行けるか考える余地が生まれるんですね。

 

くっつく方法はとても簡単です。壁や天井に向かって移動するだけ、特殊な操作は何もいりません。

また、くっつける時間に制限もありません。くっつきながら、次はどう移動しようか悩めます。

スライムにとってはくっつくという動作が特殊なアクションなのではなく「地面も壁も天井も等しく道」なわけです。

 

次第に難しくなるステージ…

簡単操作でアクションが特殊なので、謎解きが主体かと思えば、そうではありません。

ステージを進むごとに動く床一定時間で消える足場

他の生物に取り付いて移動したり、ベルトコンベアを渡っていくステージなど

複雑な操作が要求されたり、余裕のないステージが増えていきます。

ステージ自体はどれも短いものの、どんどん新しいギミックが出てきて飽きることはありません。

そしてついには2画面に渡る大ステージも登場します。

sima
sima

軽く遊ぼうとか思ってると思わぬところで苦戦させられますよ!

tama
tama

全ステージクリアするだけでもかなり遊べそうね

sima
sima

失敗してもすぐリトライできるから、思う存分トライ・アンド・エラーできるのがいいですね

 

オマケ要素には色んなスライムが

このゲーム、システム自体も良いと思うんですけど

私は特にこの「スライム」というチョイスが好きですね。

たとえば、同じように壁を歩ける特徴を持った他の生き物をプレイキャラにするとしてこれがクモだったら可愛くありませんし、ヤモリなら、とてもドットじゃ表現できないわけです。

ドットで表現しやすく、見た目的にも可愛らしいスライムはベストだと思います。

そしてこのスライム、実は一種類だけじゃないんですよ。

sima
sima

ほら見て!無駄にたくさん!

tama
tama

無駄にとか言うな

スライムには移動速度やジャンプ力、HPがあります。

スライムによって能力が違うので、使い分けてクリアしてくださいということでしょうか?

タイムアタック的な要素もあるので、やりこみに繋がりそうですね。

 

tama
tama

すぐリトライできるのにHPって意味あるの?

sima
sima

一応ミスするとHPが1ずつ減ってきます

ゲームオーバーすると広告が表示されるので、そういうの嫌な人用だと思われます

 

画面カラー変更と合わせてBGMが変わる!

sima
sima

実はもう一つオマケ要素があって、それがこのカラー

sima
sima

選択すると画面の色が変わります!

最初は「…それだけ?」と思いましたが、なんと

 

画面の色を変えるとBGMも変わります!

 

このBGMがですね、まだ4つしか解放してないんですが…

中々に出来がいいんですよ…!

ファミコン風の単調な音源でありながらどこか熱い曲調に思わず聞き入ってしまいました…

正直ステージが進むごとにBGMが変わるとかそういうのがなかったので、途中からイヤホン外してたんですが、気付けて良かったです。

私結構ゲームBGM好きなので、こういうオマケ要素はとても嬉しいですね。

sima
sima

ちなみに私はのBGMが好きです。

 

とはいえ気になった点も

ここまで色々良い点を挙げてきましたけど、

一応レビューなので、私が気になったところや人によっては気になるだろうなって点も述べたいと思います。

 

操作がシンプルゆえに慣れない

移動が左右キーだけなので、壁に張り付いてる時とか、左右どっちのキーを押せば上にいけるのかわからなくなる時があります。

とはいえ、仮想キーは複雑にすると誤タップが増えるので、操作性はこれで良いとも思います。

思いつく改善としては、壁に張り付いてる間だけは仮想キーの文字を「◀ ▶」ではなく「▲  ▼」にするとかですかね?

でもまぁそこまでする必要もない気もしますね。私はそんな気になりませんでした。

 

メニューがどこかわかりづらい

間違えて次のステージではなく同じステージを選んでしまった時とか、ステージ一覧に戻るためにメニューボタンがどこか探すんですが

実はメニューボタンなんてもの、ありません。

じゃあどうやって戻るんだといいますと、実はゲーム画面をタップすればメニューが出ます。

これも気になるほどではないものの、分かりづらさはありますね。

 

まとめ

このゲームの良さは、「壁や天井も道になる」というゲームシステムに、「スライム」というビジュアルを上手く合わせたところでしょう。

ドット絵という単純な見た目ながら、ギミックやBGMで飽きさせない工夫がされており、進むほど難しくなるステージにはやりごたえがあります。

 

スマホアプリなのでがっつり遊べるとはいきませんが、暇つぶしにちょっとゲームをやってみたい方は楽しく遊べるのではないでしょうか?

私としてはこんな方にオススメしたいなと思いました。

・ドット絵が好きな人
・普通のアクションに飽きた人
・ちょっと暇つぶしがしたい人

 

sima
sima

ちなみに縦画面だけど持つときは両手持ちになるので

外でやると「あ、こいつゲームやってるな」感が出てちょっと恥ずかしいので注意!

tama
tama

最後に超どうでもいい感想ありがとう

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゲーム紹介
.Launcher