「影のまどろむ場所」〜影の生み出す不思議で恐ろしい世界〜

 

sima
sima

光があれば影がある、そんな二面性を持った皆様こんにちは

定時前後で性格が変わる、光と影の社会人simaでございます

tama
tama

tamaよ

今回遊ぶのは、そんな光と影を使ったパズルを解いていくアドベンチャー。

「影のまどろむ場所」です。

 

作品情報

ジャンル  :  パズルアドベンチャー

価格  :  600円

ハード :  iOS・android

販売元 :  Game Revenant Ltd

 

まどろんでる暇なんてない、衝撃展開が主人公を襲う

アプリ名といい見た目といい、アート系オシャレパズルのような雰囲気ですが、そんな予想はすぐに打ち砕かれます。

主人公である老人オベは森へ向かう途中、不思議なランタンに出会う…

 

のですが、その出会い方が何とも乱暴…!

唐突に目の前にガシャンと落ちてくるランタン

オベは恐る恐るランタンを拾い、そしてぎろりと光る怪しい視線をよそに、薄暗い森の奥へと歩き出していく…

森へ向かう目的も動機も一切不明、何が彼を駆り立てるのでしょうか?

sima
sima

私先が気になって仕方ありません…

 

ランタンの光が作り出す影は、あらゆる物の形を変えます。

壊れたブロックは動かせるようになり、なかったはずの道が現れる…

 

ランタンを駆使し先に進むオベには何が待っているのでしょうか…!?

 

 

 

獄中生活が待っていました。

 

突然現れた怪しい動物にランタンも奪われ牢屋に入れられ…

さらに牢屋では、死神のような幻覚まで見える始末!

tama
tama

あれホラーゲームだっけこれ

sima
sima

違うんだなそれが

そして老人オベはこんな状況簡単に打破します!

 

見張りに飛びかかってランタンを奪い、さっそうと脱獄

このゲーム、テキストによるストーリーが一切ないかわりに、やけに演出が過激…!

 

「影のまどろむ場所」…果たしてこれでどうまどろめと言うのでしょうか?

sima
sima

予想を裏切るような怒涛の衝撃展開に

私先が気になって仕方ありません!

光と影により変化する世界

ゲームの操作は至って簡単

まずはタップしてオベを誘導し、オベのランタンと遮蔽物を利用して影を作ります。

影を当てた部分は変化し、新たな道や仕掛けが現れます。

影を当てるたびに変化するオブジェクトを把握して、上手くオベを誘導してゴールへの道を作っていくのです。

ルールは単純なものの、進むたびランタン以外の光源や、様々な遮蔽物が現れ複雑さを増していきます。

 

さらには、徘徊する謎の住民にスイッチを押してもらうなど、オベ以外のNPCを利用して進む場面も…

tama
tama

謎ばっかだなこのゲーム

sima
sima

影を当てると変化するっていうのも原理は謎です

 

しかし謎ばかりのこのゲーム、進んでいくと面白い事実がわかってきます

最初は特定の物質が変化するだけだったステージ

やがて小さなものから大きなものが変化するようになり、そしてオベはこれまた衝撃的な場面に出くわします。

 

遠くに人影が見えると思ったら…

 

影を当てると、なんとも無残な姿に…そしてその横には突然現れる例の動物が…!

 

私気づいてしまいました。

 

もしかして影を当てるたび変化しているのは、特定の物ではなく世界そのもの

自分の見えている世界が変化しているのではないか?

 

それを裏付けるように、やがて影が生み出す変化は大きくなり…ついにはステージ全体が変化していきます

果たしてオベはこれから何を見るのか、そして動物の目的とは…オベがランタンを手に進む意味とは…?

sima
sima

私先が気になって仕方ありません…!

マイナスポイント

中々に先が気になるゲームですが、やはりありますマイナスポイント。

私が特に気になったのはこちら。

指で動かすギミックの挙動がおかしい

このゲームのいくつかの仕掛けは、指でドラッグすることで左右に動いたり回転したりします。

そのうち、回転する仕掛けの挙動がどうにも納得できません。

180度回転させたいのに、途中で止まってしまったり、思っている方向と逆方向に回転することすらあります。

なぜこんなことが起きるのか、念のためにipadでプレイしたところ気づいてしまいました。どうやらこの回すギミックはどうやら指で回すのではなく、仕掛けをタップしたあとそのまま平行に指をドラッグするだけで、一定方向に回転するような処理になっているようです。

 

ここだけのために評価が下がってしまうのは勿体ないので、説明を入れるだとかして改善してほしいところです…

仕掛けがわかりづらい

様々な仕掛けが用意されているのですが、どの仕掛けが指で動かせるのか、どこが影で変化するのかがわかりづらいと感じました。

さらに進むほど光源や遮蔽物が増え、たくさんの影とギミックでもはや何が何だか…

何がどう変わるのか、パッと見全くわからないので、手当たり次第に色々試すような形になってしまいます。

そしてそのせいで、よくわからずいつの間にかステージをクリアする場面も…

もう少し、ギミックをわかりやすくしても良かったように思えました。

 

まとめ

「影のまどろむ場所」はそのタイトルや見た目に反して非常にショッキングなストーリーを展開していきます。

予想を裏切られたとは言え、そのストーリーは興味深く、謎が多いからこそプレイヤーそれぞれの解釈ができそうな世界観は魅力的です。

またランタンと遮蔽物を利用して影を作り、作った影を利用して解く仕掛けは独自性があり、見た目的にも解いていて面白いです。

 

とはいえギミックは少しわかりづらく、難易度のあげ方も首を傾げたくなるような場面があります。

ただ全体としては、ゲームのアイデアが良く、先の気になるストーリーで最後まで遊ぶ価値のあるゲームだと思いました。

 

sima
sima

ホラー寄りのショッキングなストーリーを好む人は

買って損はないと思いますね

tama
tama

でも見た目に騙される人のが多そう

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゲーム紹介
.Launcher