『R-degree-』跳弾を利用したパズルゲームで、的を撃ち抜く爽快感

スマホアプリゲーム『R-degree-』をプレイしました。

 

見た目から難しいパズルゲームのイメージがありますが、むしろ逆

爽快感溢れる直感的なパズルですごく面白いです!

 

tama
tama

最初から褒めるとか珍しい

sima
sima

ところが、今回から少しレビュー厳しめになったんだな…!

tama
tama

(また何か変なこと考えてる…

 

跳ね返る弾の角度を考え、的を壊すパズルが面白い

ルールは簡単で、斜線を決め弾を撃ちだすことで、全ての的を壊せばクリアです。

ステージには残弾が設定されており、全て使いきってしまうとゲームオーバー

 

跳弾させた回数や残弾の少なさでスコアが決まるので、ハイスコア狙って一撃で全ての的を壊せるよう、斜線を計算します。

聞いてると難しそうに感じますが、実際には斜線が表示されるので、意外と直感的。

ルール説明がなくてもすぐに理解できるレベルです。

制限時間などもないので、じっくり悩むことができるのが良いですね!

 

バリエーション豊かなステージからベストな跳弾を見極め、そして実際に上手く壊せたとき、このゲームの面白さが理解できるでしょう。

特に壊すたびに段々と弾速がスローになっていく演出は、一発で全て壊せたときの爽快感を生み出します。

 

また、パズルゲームには珍しくステージにはボスが設定されています

tama
tama

HPまで用意して、このボスやる気ね…!

とはいえやることは変わりません、ボスや周辺のコアに上手く弾を当て、倒すことでクリアです。

 

 

サイバー空間のような背景に、かっこいいBGMと合わせて

ボスの存在により、パズルゲームでありながら臨場感が生まれるのが面白いですね。

退屈になりがちなパズルゲームにおいて、スパイスのような役割を担うことに成功しているのではないでしょうか。

 

最初はやさしめ、次第に難しくなるほど良い難易度設定

難易度はイージーノーマルハードの3つに分かれています。

イージーであれば、最初は壊すのにそれほど苦労しないでしょう。 しかしステージが進むたび、地形は複雑になりどの角度に弾を撃ちだせば上手く壊せるか考える必要が出てきます。

動く的なども増え始め、上手く調整しなければ低スコアでのクリアとなってしまいます。

 

難易度による違いも特徴的です。

ノーマル・ハードでは残弾数が減るだけでなく表示される斜線が短くなり、さらに壊す順番が指定されるので、かなり難しくなります

しょっぱなからルールの完成度が高すぎるゆえに、後半は少し飽きがくる

はい、ここまで褒めちぎりましたけど、そもそもこのレビューは「飽きっぽい人のゲームレビュー」として始めたので

今回から、「どの辺で飽きが来るのか?」について言及します

 

さてこの『R-degree-』、最初から基本的なルールの完成度が高すぎるため、「そういう解き方もあるのか!」みたいな基礎を応用した予想外の解は中々見えてきません。

発想ではなく、純粋な計算から答えが導きだされるパズルなのです。

 

というかハードモードとかもはやパズルではなく弾の軌道を計算するゲームになってきます。 しかも恐ろしく難易度が高い。

こうなると悩むよりも「トライ&エラー」が中心になるんですよね。

たとえイージーモードであってもステージ3あたりからその片鱗を見せ始めます。

 

アイデアもルールも面白く、パズル自体やってて楽しいのですが、そこに気付いてしまうとゲームに対する発想・アイデア・視点といった『新しいもの』への期待が薄れ、『暇つぶし』にランクダウンします。

ただ、元から暇つぶしでやるなら問題ないですし、最低でも入口で『新しいもの』に出会えるわけですから、私の中ではかなりおススメできるゲームに位置しています。

あるいはパズルではなく計算ゲームとして見るなら、まだまだ楽しめるでしょう!

 

感想としては大体こんなゲーム

跳弾を利用したパズルゲームのアイデア

エフェクトとスローモーションによる爽快感の演出

ボスの存在により、一風変わった雰囲気

 

ルールがシンプルで理解しやすいので、ダウンロードしてすぐに楽しむことができますね!

 

反面、パズルゲームとしてはかなりルールが洗練されていますので、「そんな解き方があったか!」みたいなのは少ないです…

また斜線の計算はかなり難易度が高く、後半はイージーでも結構難しい。

おそらく「トライ&エラー」が多くなるでしょうね。

 

とはいえやっぱり、ルールの面白さとゲーム全体を通した完成度の高さはなかなか。 開始数分で、ここまで出来に満足した無料ゲームも珍しいです。

 

sima
sima

興味を持った方はやってみてはどうでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゲーム紹介
.Launcher