Macだっていつか壊れる! 今すぐできる故障前の対策まとめ

Macが壊れるまえに

藤依しの

恐ろしい体験をしました…

つい半年前に新調したばかりのMacBookPro
不具合の多いWindowsから乗り換え、念願のMacデビューでした。

PCを使うのも楽しくなり、
ウキウキでカチャカチャターンする日々でした…が

今朝電源をいれると、どうも様子がおかしい。

というか…

PCの起動画面
※画像はイメージですが、大体こんな感じ
藤依しの

様子がおかしいどころじゃない!

結論から言うと、放置してたら直った

ななしちゃん
ななしちゃん

直ったんですか。

藤依しの

直った。
でも、グラボの不調なのか、何か裏で重いアプリが動いているのか
最近ログイン時に固まることが多いので、非常に警戒しております。

まさか半年前に購入したMacがいきなりこうなるとは誰も思うまい。
しかも普通にappleストア経由で購入したやつですよこれ。

そして恐ろしいことに、
バックアップとか全く取ってなかったんです、僕。

外部HDD(ハードディスクドライブ)もないし、クラウドなどにファイルを退避したりもやってなかったので、最悪全データ吹き飛ぶことを考えると、とにかく焦りで頭真っ白に。

ただ、そのおかげで
バックアップの大切さを改めて思い知りました。

故障対策としてできること

Macが壊れるまえに
藤依しの

たとえapple製品だろうが、物は物。
形あるものはいつか壊れます。

壊れてから焦っても遅いのです!
というわけでMacの故障に備えて、事前にできることをまとめてみました。

『apple care+』への加入

藤依しの

apple製品は緻密な設計のため、壊れたらappleメーカーでの修理となります。

修理には平気で数万かかりますが、
3年間の無償サポートを受けられる『apple care+』に加入することで負担は激減します。

https://www.apple.com/jp/support/products/mac.html

とはいえ、僕のように『Mac book Pro』だとなんと加入に2,5800円。

正直バカになりません。

また、過失による故障の場合は料金を取られたり
購入から30日以内じゃないと加入できなかったり
条件が厳しめです。

一応、『apple care+』非加入でも一年間は無償サポートが付いてはいますので、
加入するかどうかは悩みどころですね。

僕はもう購入から半年過ぎているので、諦めました。

自動バックアップの『Time Machine』

藤依しの

ここからは『壊れたら仕方ない』発想で
無償修理は諦め、最悪の事態だけを避けるための対策です。

まずは『バックアップ』

Macには『Time Machine』という最初から入っている便利なバックアップアプリがあります。

TimeMachine

バックアップ先を選択するだけで、定期的に自動バックアップを取ってくれるので、ぜひ活用したいところ。

ただ、そのためには容量の大きい外付けのHDD(ハードディスクドライブ)が必要です。

藤依しの

というわけで、バックアップ用HDDを買ってきました!

ななしちゃん
ななしちゃん

早い。

藤依しの

HDDをMacに接続し、システム環境設定の『Time Machine』からバックアップ先として選択するだけ!

TimeMachineの設定

復元も簡単にできるので、「あのファイルを上書きで消してしまった!」なんて時にも便利ですね。

メモリ媒体に手動でバックアップ

藤依しの

「重要なファイルだけでいいから、今すぐバックアップしたい!」
という方にオススメなのが、手動バックアップ。

MacにUSBメモリなどを接続し、直接ファイルを退避させます。

HDDバックアップと違って、ファイル単位でのバックアップになりますが、
必要なものだけ保存すれば、それでも十分かもしれません。

とはいえ毎回手動なので、バックアップのし忘れが心配です。
いざという時、前回のバックアップが一ヶ月も前、なんてことにはならないように注意しましょう。

ちなみに最近のMacは『USB Type-C』なので、よく使われているお馴染みのUSBメモリが指せません。

変換アダプタを買っておくと便利です。

クラウドでファイル管理する

藤依しの

「HDDを使うほどじゃないけど、手動でバックアップするのは面倒」

なんて人にオススメなのが
クラウドサービスでファイル管理する方法。

普段からファイルをiCloudや、OneDrive・dropboxに保存するようにしておけば、
PCが消し飛んでも本体を倒さない限り何度でも蘇ります。

ななしちゃん
ななしちゃん

RPGのボスか何か?

藤依しの

同じように、アプリケーションも複数の端末で同じデータを利用できるクラウド型のアプリを使えば、PCに縛られることがなくなり
最悪、ログイン時のアドレスとパスワードさえ覚えておけば、全端末が吹っ飛んでも大丈夫な状態になります。

普段から、タブレットやスマホなど他の端末とファイルをやり取りする人は、この方法が一番楽かもしれません。

大切な物は心にしまっておく

ななしちゃん
ななしちゃん

ふざけてる場合じゃないんですよ。

藤依しの

半分はマジです。
というのも、本当に必要なものって意外に少ないんですね。

実は半年前に、windowsが壊れ全てのデータが吹き飛びました。
その時にも思ったんですが、
大事だと思ってたメモとかファイルとか、消えたら消えたで数カ月後には忘れてます。

PCには、いろいろ描いたイラストとか、ゲームデータとか保存してありましたが
それも忘れました。

思い出は心にしまって次へ進もうスタイルです。

バックアップも外部サービスもいらないので、一番気楽ですね。

ななしちゃん
ななしちゃん

仕事用と兼用している人は、
そうあっさりと切り替えできないんじゃないですか?

藤依しの

それはそれ、これはこれです。

顧客データなくすとかは、流石に管理体制に問題ありすぎるので
今すぐ自動バックアップしたほうが良いと思います。

まとめ

藤依しの

Mac、というかapple製品は壊れにくいイメージがあります。

なのでwindowsからに乗り換えたわけですけど、
それでも不足の事態はあります。

「少なくとも数年は大丈夫だろう」と信頼せず、早い段階から対策しておけば、
最悪の事態は避けやすくなるんじゃないでしょうか。

『PCは壊れるもの』として諦め、壊れてもいちいち慌てず
日頃からバックアップやクラウドサービスで対策しておくのが良いと思います。

以上、『故障前にできるMacの対策まとめ』でした

藤依しの

まぁそうはいっても
僕はMacBook壊れたら、まず慌ててappleに乗り込むけどね。

ななしちゃん
ななしちゃん

まだ買って一年経ってないですもんね。