【量より質な人向け】ブログを続けるコツは、自分が楽しめるようにすること

ブログを続ける
藤依しの

良くできた記事はたまに見返してニヤニヤしてる藤依しのです。

ななしちゃん
ななしちゃん

気持ち悪いことこの上ないですね。

藤依しの

何だかんだ、ブログを始めて半年以上経ちました。

もっとも、僕はブロガーとしてまだまだですし、半年で月収〇十万!みたいな成功体験は皆無。
ちなみに、このブログの月収は200円です。

ななしちゃん
ななしちゃん

ジュース一本しか買えないじゃないですかー。

藤依しの

それでも2ヶ月前は10円くらい、一ヶ月前は150円くらいだったので増えてはいる!
やっぱ続けるのは大切なんだなと思えますね。

とはいえ、
「ブログを始めても中々続かない…気乗りがしない…」という人もいます。

結果が出るのが遅い、大器晩成タイプの人ならなおさら。

地道に頑張る系ブロガーだからこそ、
地道な人に伝えられることがある
気がしたので

今回は『量より質』という目線で、『ブログを続ける上で大切なこと』をまとめてみました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

毎日書かなくていい

藤依しの

ブログに限らず、他の分野でも『毎日続けること』の大切さはよく語られています。
僕も絵の練習を毎日続けているので、
その大切さはよくわかります。

ただこれはあくまで『継続すること』が大切なのであって

「毎日やれば成功する」とか「成功するには毎日やらなきゃ」とか、
そういう捉え方をしてはいけないと思うんです。

あまり言葉を真に受けると、「毎日書かなきゃ」と焦り、
それがストレスになって、続けるのが辛くなってしまう恐れがあります。

もちろん毎日投稿できるに越したことはないですが、
無理だなと思ったら、1記事に掛ける時間はいくら伸ばしても大丈夫なんです。

別に3日~1週間で1記事作成するくらいでも、一ヶ月に1記事でも良いんですよ。

「これくらい時間をかけて良いなら、自分にもできそう」ってラインを見つけるのが大切です。

見た目から入ってもいい

藤依しの

道具を揃えたり、ブログの見栄えを良くしたり…
名のしれたブロガーからは「で、PVは?」とツッコまれそうなことでも
『量より質』タイプであれば、大切にしたほうが良いと思います。

見た目が気になるなら
デザイン性の高いテーマを使うなり、アイコンを外注するなり、僕のように自作するなりしてみれば良いと思います。

質の良いPCを買ったり、スタバでドヤっても良いと思います。

『ブログを書くこと』が楽しくなるなら、何だって正解なんですね。

良いものは真似するべき

藤依しの

ブログを続けていると、どうしても自分より有名な人が目に付きます。

「この人の記事は、どうしてこんなに面白いんだろう」
「このブログのデザインすごいなぁ」

そうやって他人のすごい部分に目がいくと、どんどん自信がなくなります。

ななしちゃん
ななしちゃん

とはいえ比較するなというのは無理な話では?

藤依しの

そうですね。
だから僕は逆にどんどん比較して、嫉妬するのに飽きるくらい、嫉妬しつくせば良いと思います。

ただ、嫉妬しおわったら少し冷静になって、
自分のブログとの差をちゃんと見てください。

差というのは、今までの自分になかった新しい視点です。

ブログデザインや記事構成の細かな気遣いや、斬新なアイデアや面白い切り口。
そういう新しい視点を見つけたら、どんどん真似するべきです。

それが質の向上に繋がり、自分のやる気になるのです。

収益・PVは考えすぎない

藤依しの

収益やPVのことを全く考えていない人はいませんが、
それに振り回されすぎるのは良くないと思うんですよね。

PVっていうのは、要はそのページを見てくれている人が〇〇人ってだけであって、
それがそのまま『あなたのブログの価値』にはならないわけです。

また、あるページをGoogleがちゃんと評価してくれるまでは数ヶ月かかるって情報もありますし、
ブログを続けたいと思うなら、PVは一旦置いて

まずは自分が楽しむにはどうすれば良いかを考えたほうが得です。

満足いくまで書き直す

藤依しの

ブログに限らず、創作の分野ではしばしば「完璧主義は良くない」と言われます。

ななしちゃん
ななしちゃん

これは本当に良く聞きますね。

googleで『完璧主義』と検索すると治し方がヒットする程ですから。

藤依しの

ただ、これはあくまで『悩んだ末に完成しない』のが良くないのであって、
逆に言えば、ちゃんと完成させればどれだけ悩んでも良いわけです。

記事についても同じです。
何が言いたいのかわからない、中途半端な記事を量産するよりは、
何日かけても良いので、『自分で見返したくなるくらい、満足いく記事』を作るべきです。

自分の記事を見返すことに抵抗がなくなれば、
結果的に、それが『定期的な見直し』に繋がりますしね。

気乗りしないことはやらない

藤依しの

ブログなんて結局はどう書こうが個人の自由ですから、

「こうすべき!」って耳寄り情報や成功体験は、話半分に聞くのが無難です。

役に立つと思うなら、実践してみれば良いし、
少しでも気分がノらなければ、無視していいと思います。

無理に変化の激しいトレンドに合わせるより、
続けていく中で自然に湧き上がる「こうしたほうが良いかな?」って疑問に、
自分で答える形で変化していった方が、ずっと気楽です。

まとめ

藤依しの

ここで上げたのはあくまで一例です。

「質より量」に満足感がある人もいるでしょうし、お金さえ稼げれば何だって楽しい人もいるでしょう。

ななしちゃん
ななしちゃん

人の性格は色々ですからね。

藤依しの

しかしどんな性格であっても、人間楽しくないことは続けられません。

続いたとしても、いずれ目に見えないところ(健康状態とか精神状態とか)に弊害が出てきます。

一番重要なのは『自分が楽しむこと』

そして楽しむためには『楽しめる土台を作る』『嫌なことはやらない』のが重要です。

藤依しの

僕の場合は、「結果ばかりを求める」のが嫌で「ゆっくりマイペースで続ける」ことのほうが楽しめるので、
こういう考え方もありだよって話をしたかったのです。

「近道はない、焦らずゆっくり続けることが大切だ」と思う人は、ぜひ参考にしてみてください。

それでは。