【ALTER EGO】迷い悩み、自分を見つめ直すなら、この場所を歩き彼女を尋ねよ

スマホアプリゲーム『ALTER EGO』をプレイしました。

ジャンル的にはタップゲームですが、単なるタップゲームでは終わらせられない凄みがこのゲームにはあります。

 

ALTER EGO

ALTER EGO

Caramel Column Inc.無料posted withアプリーチ

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

評価したいところ

sima
sima

このレビューでは少しでも良いと思ったら、世界観だろうとアイデアだろうと、なんだって評価します!

「私ってなに?」から始まる哲学的ストーリー

目の前に現れる永遠のように続く暗く長い回廊。この場所であなたはEGOを集め、物語を進めていきます。

 

EGOとは自我、人の本質

『人間失格』『不思議の国のアリス』『星の王子さま』など有名な本を『読む』ことで、さらに多くのEGOが集まります。

ここで出てくる本のチョイスがなかなか面白い。哲学的に自分のことを考えさせられるような本が多いです。「自己について考えさせる」というテーマのキーアイテムとしては最適ですね。また、本の一説はゲーム内に登場するため、読んだことのない本も読んでみたくなってきます。

 

そうしてEGOを集め、やがて訪れることのできる『エスの部屋』

彼女こそ、『ALTER EGO』の中心的存在であり、物語のかなめなのです。物語と言っても、普通のストーリーとは少し違い、まず彼女がするのはあなたへの質問。いくつかの質問に答えることで、精神分析が始まります。

結果を受け入れるも受け入れないも自由。妙にクリティカルな精神分析は、ドキリとさせられることもあるでしょう。

 

ちなみに私の最初の質問の結果

sima
sima

正直合っている気もするから困る

 

選択肢型の物語に、精神分析を組み込むのは面白いですね。そして物語を進めるにつれ、衝動を重視するエスと、規律を重んじる壁男という対立の図が見えてきます。選択によって、どちらの道を選ぶのか、他でもないプレイヤー自身に問うてくるのです。

何を選ぶにしても自分の選んだ選択、その結末はしっかりと見なければいけない…そんな気がしてきますね。

 

タップゲームに心理学・哲学を融合させるアイデア

ゲームとしては一般的にイメージされているタップゲームそのまんまだと思います。

流れてくる吹き出しをタップすることでEGOが貯まり、貯まったEGOを消費して本を読み進めていきます。吹き出しが画面手前に来た時タップすれば、少しEGOの獲得量が増えるみたいな、わずかなゲーム性はありますが、基本的には普通のタップゲームです。

 

また、EGOは放置していても少しづつ貯まっていくのですが、本を読み勧めるたび獲得できるEGOの量が増えていきます。もちろん読み進めるにつれて次のページを読むために必要なEGOの量も増えていくのですが、本には多くの種類があり、前半の本ほどEGOの消費が少なく楽に読破できます。

効率よく本を読み進めていくことで加速度的に増えていくEGOを眺めているだけでも、タップゲームの楽しさが十分に味わえますね。

しかし、一般的なタップゲームに心理学・哲学を合わせるというアイデアはこのゲームならではです。タップゲームは言ってしまえば「ただタップするだけ、ただ数値が増えるのを見るだけ」のゲームですが、『自分とは何か?』というテーマを持っているこのゲームに限っては、そういった一見全く意味のない単純なゲーム性にも、何かしら自分を見つめ直す意味があるのではないのかと、そんな気がしてしまいます。

 

面白いのが本を読むというゲームシステムにリンクして、記録室にてちゃんと読んだ本の中身が読めるようになっていること。読めるのはほんの数行だけですが、特に重要な文がピックアップされているため、よく知らずとも考えさせられることでしょう。



 

気になったところ

tama
tama

このレビューでは少しでも気になったら、ゲーム性だろうとUIだろうと、なんだって指摘します

地味に組み込まれたゲーム性

基本的にはタップゲームだから、ただタップすればいいんですが、それでもちゃんとふきだしをタップしなきゃいけなかったり、手前に来たときの方が獲得EGOが多いので引きつけてからタップしたほうがお得だったり、地味なゲーム性が用意されています。

本来なら少しでもゲーム性はあるほうが良いですが、このゲームに限ってはストーリーと精神分析がメインで、「自分を見つめ直す」というテーマも含んでいるため、そういう地味なゲーム性が逆に哲学的な思考への誘導を阻害しているような気もするんですよね。

 

tama
tama

もちろん個人的にそんな気がするだけだから

マイナスポイントと言うつもりはないけどね

広告型モデルであるがゆえの世界観崩壊

ゲーム開発にはお金が必要なので、収益モデルに関してとやかく言うつもりはなかったのですが、正直深いテーマだけに、鮮やかな広告が目立って世界観台無しなところがあります。

別に広告を失くせと言っているわけではなくて、問題なのはチョイスされている広告のほう。アプリ広告にそれほど詳しいわけではないですが、おそらく自動で広告が選ばれるために、著しくゲームの雰囲気に合わない広告が選ばれてしまうのです。

ゲームの世界観に合わせた広告を提供してくれるサービスがあれば、解決するのかもしれませんね。

まとめ

タップゲームに精神分析のジャンルを組み込むアイデア、哲学的な深いテーマ。

自分について考えさせられるタップゲームは今まで見たことがありません。心理学、哲学が好きな方には是非オススメしたいですし、人間失格などの文学が好きな方にもおすすめです。

sima
sima

そして単なる精神分析に終わらない

結末の気になるストーリーが魅力的…

tama
tama

多少気になる点もありますが、それが気にならないくらいよく出来てるわね

ちゃんと参考文献も明記されているあたり、作り込みの高さがうかがえます。哲学の心理学が好きな方、ちょっと違ったタップゲームを楽しみたい方はダウンロードしてみてはどうでしょうか?

 

ALTER EGO

ALTER EGO

Caramel Column Inc.無料posted withアプリーチ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゲーム紹介
.Launcher