12月に描いたイラストのまとめと反省点

12月は、個人的に少し難しい絵に挑戦したりしていました。

よければ見てってください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

『時間神クロノスと時間神カイロス』12/12

絶対不変の時間クロノス(左)と、体感的な時間カイロス(右)です。

クロノスはデジタル時計にSFチックな服、カイロスは天体と儀式みたいな服になっているのは、それが私のイメージだからです。

個人的に、真ん中の長剣と短杖を、ちょうど時計の秒針と時針に見えるように配置できたのが気に入っています(ちなみに6時を示しているのは特に深い意味はないです…)

現代社会においては、一定の間隔で刻まれる『クロノス時間』が絶対視されてますけど、

私は、ある期間内にどれだけの密度ある時間を過ごせたかという『カイロス時間』こそ大切にするべきだと思いますね。

 

『マフラーと手袋』12/20

「なんか冬っぽくて可愛いの描きたいなぁ」

と思って描き始めた結果生まれたのがこれです。

ポーズが可愛い。閉じた片目が可愛い。あとキラキラした粉雪っぽいエフェクトと冬の夜空みたいな背景色が素敵。

「背景の描き方が前と同じ」とか言わない。

 

『クリスマスツリー』12/24

クリスマスと言えば、サンタ? トナカイ?

いいやクリスマスツリーだ!

 

というテンションの元描いたのがこれ、ツリーちゃんです。

中心のプレゼントボックスから、光が出ている感じを表現するのがすごく難しかった。でも何だかんだ上手くまとまった気がします。

特にクリスマスツリーの擬人化としては、デザインは良く出来ているんじゃないでしょうか?

個人的に髪飾りの「Merry Christmas」が気に入ってます。

 

「背景の描き方が前と同じ」とか言わない。

 

『カクテル』12/31

ぶっちゃけなぜこれを描こうと思ったのか、あまり覚えてない…

一つ言えるのは、「普段お酒飲まない奴が描くバーの絵ほど説得力のないものもない」ということです。

よく描けたと思うのは、背景の瓶と光の反射具合。カクテルにもそこそこの立体感があります。ただ人物の塗り方と壊滅的に合っていないのと、ぼかして誤魔化していますが、背景の描き込みが極端に少ないです。

この絵は資料不足と、テクニック不足の2つを認識させられるような結果に終わってしまいました…

 

反省点

時期的に会社や友人との集まりが多かったり(言い訳)、友人のサークルに頼まれたコミケ用の漫画を描いていたり(言い訳)でそんなに時間取れなかったのと、あと画力向上のために本格的に練習を始めた(言い訳)ので、あまり数描けてないです…

今後は忙しい中でも、一日少しずつ空いた時間に制作を進めていく方法が大切になっていくでしょう。

 

あと全体的に思ったことが、頭のイメージを絵にするために必要な資料が圧倒的に足りてないです。

こういう絵が描きたいと思っても、参考資料を探すのに手間取っていまっています。

 

それと、参考資料を上手くイラストに落とし込むことも出来てません。

何せ人物の描き方が特徴的なので、それに合わせた背景の着彩がすごく難しい。特徴的な絵柄は一度忘れて、一般的に上手いと思われるリアル寄りの「背景を含んだイラスト」が描けるようになってから、ポップで明るいイラストを目指しても良いかもしれません。

 

今後の課題は

・資料集めを普段からやっておく

・リアルな着色方法を学ぶ

・背景を含めたイラストを描けるようになる

 

ここまで見てくださりありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
雑記
.Launcher